スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC勉強の賛否 

次男の卒園式です、忙しいのにブログを書いたりしいるarbeeです。

明日はTOEICの日ですね。今回私はエントリしませんが、受けられる方は頑張ってください。今回は鎌倉から応援します。

というわけで、TOEIC。
いろんなことが言われています。賛否両論です。

私は肯定派。

スコアが高くてもTOEICやったって喋れないし、実際使えない。
なんて声がよく聞こえてきます。

でも、文章は読めるようになるし言っている事も理解できるようになる。日本人でも一日話さないで仕事をこなす人もいます。私の身近にもいます。「うん」(yes)と「うんうん」(no)だけでコミュニケーションを図っている人もいます。(これはこれで凄いスキルだと思いますが)

TOEICスコア900を余裕で超える人がいます。お約束で「英語ペラペラでしょう」と聞いてみる。すると、日本語でもあまり上手に話せないのに英語で話せるわけないでしょう。」と返された。確かに・・・・・あまり話すのは得意ではなさそうな方です。これまた納得。

スコアが低いのに英語が話せるとしたら、日本人(ネイティブ)で言えば文字が読めない人のような気がする。


まぁこんなのはTOEIC上級者の贅沢な悩み。

私のような初級者にとってはそんなことでは悩むことはない。文法を覚えられるか単語を覚えられるかで四苦八苦している。TOECの勉強をすることによって英語力は上達します。英語力を向上させるためのツールと考えれば否定する理由は無いと思います。


まっすぐ進んで行きたいと思います。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/88-42c7bf46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。