スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習の最初はこれから始める 

TOEICのスコアが300点以下の人が英語を目指す人は少ないかもしれません。でも、私は300点未満でした。
私も今回の学習続くようになるまでは、何回か英語の学習を試みたことはありましたが、1ヶ月くらいしか続きませんでした。単語や文法の本を買って読んだりしていました。しかし、覚えることが中心で全く楽しくないので、直ぐに飽きてしまいます。学校で教わった勉強方法をそのままやろうとしていたのです。こんなことでは長く続くハズがないのです。元々、学校の勉強で英語が出来なかったのですから。

あっ、でも、学校の勉強方法でも問題の無い人はそれでも良いと思います。
乱暴な話しかもしれませんが、TOEIC400点までは何でも良いから英語の勉強をすれば取れると思います。単語でも、文法でもリスニングでも・・・・

私のように英語のことが全く分からない人が、英語が出来るようになるための第一歩が「止めずに続けられるか」ということになると思います。ですから、今までの勉強方法ではダメなのです。
最終的に学校で教わった勉強方法になるかもしれませんが、学習の最初はこれまでと違ったアプローチで学習を始める必要があります。決して私思っていることは、楽して英語を身につける方法のことを言っているのではなく、長く学習を続けられるための方法を身につける方法です。

最初のステップは本を選ぶことです。単語の本とか文法の本ではなく、学習方法が書いてある本を選ぶことです。ポイントは、教材と学習方法がセットで載っている本を選びます。教材(スクリプト)があり教材を使った学習方法が書いてある本を選んでください。そして、必ずCDがついている本を選んで下さい。(殆どの本はCDがついているとは思いますが)

その本を3回程度繰り返して使う学習方法を指示する本を選んで下さい。大抵の場合このような本は、1ヶ月から3ヶ月程度で終了するプログラムを組んでいるはずです。

ちゃんと1冊終えることができたら、続けることができる下地が出来たことになります。ここで終わってはいけません。同じ本をもう1回、出来ればもう2回繰り返してください。今度は頑張れる下地が出来たのですから、一日に2ラウンドをやっても構いません。
2回目以降は、内容を覚えるつもりでやるのが良いと思います。英文と意味を一致させるようにしてください。一つずつの単語を覚える(一致させる)必要はありません。単語のスペルを覚える必要もありません。読めて、意味が分かるようになれば良いです。完全に覚えようとする必要はありません。そうすると、段々嫌になってきますで。

本はどんな本でも良いですが、私のイメージする本を挙げておきます。自分に合った本を選んでください。

英会話・ぜったい・音読 【入門編】?英語の基礎回路を作る本英会話・ぜったい・音読 【入門編】?英語の基礎回路を作る本
(2001/04)
国弘 正雄千田 潤一

商品詳細を見る



國弘正雄&藤本信彦 式  英語しっかり上達!音読ドリル  <CD>國弘正雄&藤本信彦 式 英語しっかり上達!音読ドリル
(2005/06/23)
国弘 正雄伊藤 サム

商品詳細を見る


初めてのTOEICテスト350点突破!初めてのTOEICテスト350点突破!
(2009/03)
鹿野 晴夫千田 潤一

商品詳細を見る



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/68-387e847b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。