スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学の英語教育 

先日、長男に付き添ってオープンスクールに行ってきました。
学校説明会もついでに見てきたのですが、冒頭で実際の授業で行っている英会話のレッスンの一部を実演してくれました。

こんな感じです。
日本人の英語の先生とネイティブのカナダ人の先生が2人で会話します。

カ:この席空いていますか?
日:空いていますよ。
カ:この席に座って良いですか?
日:??????

手元にある選択肢の中から選びなさい。

見ないな感じでヒアリングをします。ちゃんと聞けて次に何を言わなければならないかが分かっていなければなりません。
これが進めば、自然に言葉が出てくるようになります。

これを実際の中学2年生が答えていました。4人いましたが計4回で殆どの学生が会っていました。
英語を初めて1年一寸でここまでできれば立派です。
私も負けないように学習したいと思います。

TOEICのテスト形式ばかりやっていたので、今回の実演は新鮮でした。色んな方法があるんだなぁ。と。そして、私が中学生の頃とは全然教え方は違っている事も分かりました。

英会話に言って楽しむのも良いのかもしれません。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/658-fd170829

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。