スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大意をつかむ 


どこまで訳すか?


英語学習者が悩む問題の一つ。
本当は訳してはいけない。英語を英語で理解する必要があるが、これは上級者の話。
単語の一つ一つを日本語にする必要はない。ディティールを表現するのは我々初級者ではなく上級者。
でも、初級者は気になって仕方がない。

誰がどうしたか、何がどうなっただけでよいのです。
細かい事よりも、文法の復習や語彙に力を注いだ方が良いのかもしれません。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/592-91e024e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。