スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数字は難しい 

音読で難しいのは、数字。
日付
お金
電話番号
部屋番号
ID番号

そもそも数字をみて、英語がなかなか出てこない。パッと言おうとすると出てくるのは日本語の場合が多いです。
44583とかなら「フォーフォーファイブハチサン」とか言ってしまいます。

日付は年号は難しいです。1900年代なら2桁で区切りますが、2000年代になってからはそのまま読みます。
部屋の番号なんかは結構難しいです。数字の羅列で読むのではなく、2桁ずつだったりします。

お金は$20.50だと「トゥエンティー ダラー アンド ヒフティー セント」と単位も付けなければならないし、ドルとセントの間には「アンド」も言わなければなりません。
なかなかスムーズに言えません。

慣れるしかないと思いますが、旅行に行った時などは必ず必要になる「数字」まじめに練習します。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/505-69fcade4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。