スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音読のスピード 

音読していますか?

私はもちろん音読してます。

音読にはいろんな練習方法がありますが、私の場合、
・音声のスピードで意味をとりながら音読する。
・最高のスピートで音読する。
の2つが日課になっています。

で、今回は前者の「音声のスピードで意味をとりながら音読する。」がなかなか難しいです。音読するときはストップウォッチで時間を計ります。オリジナルの音声と、自分の音読の時間が近いかどうかを測定しています。
ですが結構問題があります。
音読のスピードを意識して音読すると意味が取れなくなってきます。意味をとりながら音読すると、どんどんスピードが遅くなってきます。
スピードを出せない原因はいくつかありますが、意味がすんなり頭の中に入ってない時や発音しにくいとき、固有名詞などです。
スピードより、意味をとることを意識する必要がありそうです。むやみにスピードを意識しても音読の意味がなさそうな気がします。

もう少し試してみます。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/461-6dd34038

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。