スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音読のスピード 

あるゲームの解説を子ども達と読んでいました。
長男4年生、次男1年生。
パソコンで解説を読んで、読み終わったら次をクリックすると、次の解説が読めます。
一緒に読んでいると、次から次へと読んでいます。読むスピードが異様に速いのです。
「読んでるの?」
と聞いてみると
「読んでるよ」
と答えます。ちなみに次男も読むスピードが速かったのです。

一寸考えてみました。自分は子供よりも遅い。速読(と言っていいのかどうか分からないが)が出来ていない。彼らは早く読もうと意識して速く読んでいるわけではない。
年を取ってしまったので速く読めないといのかもしれない。

かなりショックです。

英文を速く読めるようになるには英語のままで理解する。

と言われます。それはそれで重要ですが、それよりも、速く読むトレーニングもそれなりに必要なのではないか?と思うわけです。
日本語訳と英語の読む速度は、一緒であるのが理想的(実際は英語の方が読む速度が速いようです)。できれば日本語の1.5倍くらいの速さで読めれば良いようです。

ところが、日本語を読むスピードを無視して英語を読むスピードが上がるわけではない。基礎体力を超えたリーディング能力はあり得ないと思うわけです。日本語を読むスピードも鍛える必要がありそうです。特に子供に負けてしまう私はトレーニング要です。

日本語を読むスピードは調べていないのでよく分かりませんが、中学入試レベルの場合、6000文字を10分で読まなければならないそうです。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/382-dab32ce4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。