スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

600点の実力 

私が英語学習をはじめた頃、きっとスコアが200点くらいだった頃ですがTOEICスコアが600点を目指すために、600点のTOEIC本を読んでいる人は雲の上の人でした。

一番低いスコアのTOEIC本と言うことで選んだのが

CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本 (アスカカルチャー)CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本 (アスカカルチャー)
(2000/11)
千田 潤一、安達 洋 他

商品詳細を見る

でした。
この本は良かったと思います。初心者には理解出来ないはいようでしたが、勉強方法だけは掴めたと思います。そして、学習を続けさせてくれるきっかけとなった本でした。

その頃の600点のイメージは、日常会話は問題ない、英文も問題なく読める。と言う物でした。

さて、600点を超えた今。実力を考えてみるとイメージ通りだったかと言えばイメージとはかなり違っています。しゃべれないし、問題なく読めるわけでもありません。
でも、
確実に英語力は上がっています。それなりに英文は読めます。外人が話しかけてきても、物怖じせずブロークンですが意志を伝える事が出来ます。
実感しています。


スコアが上がることは、少なからず英語力は上がることだと思います。
今週末はTOEIC、そして4月です。
気持ちを新たに学習に望める季節がきました。

頑張ります。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/374-24cd55b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。