スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音読筆写 

音読筆写をやっていますが方法はこんな感じです。

・音声を聞いて3回程度口が馴染むまで繰り替えす
・読み上げながら5回音読筆写
・もう一回スクリプトを見ずに音読
・出来なければもう一度音読筆写してみる(オプション)

音読筆写の時には出来るだけ自分のmaxのスピードで書き上げなさいと言われます。理由は、高速で書くことによって頭に焼き付ける事が可能と言うことです。
しかし、時々弊害もあります。最近分かりました。

スペルを覚えない

ことがあります。長い単語なんかはあやふやなことがあります。

ですので、時々ゆっくり書くことがあります。発音とスペルを照らし合わせて確認しながら書きます。フォニクスみたいな感じです。

やってみると結構楽しいです♪(慣れたらですが)


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/363-6b00d51d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。