スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち歩くのはどっち? 

公式問題集を眺めています。
結構良いことが書いてあります。

と言うか、普段やっていること、TOEIC講師の方が行っていることが書いてあります。
#あまり具体的ではないですが・・・・

例えば、
「リーディングセクションは75分間で100問に回答しなければならないので、難しい問題に時間を割りすぎないように注意する」
とか、
リスニング力と発信力を更に高めるために、ディクテーションの具体的な方法も記述されています。
ちゃんと読んでみることをお勧めします。

で、先日のTEX加藤さんの講演会で公式問題集を縮小コピーして持ち歩く事をお見せいただきました。コピーしているのは、解答・解説編だと思います(Part2だったので)。
公式問題集は大きいので、縮小コピーは良いアイディアですが、問題と解答・解説編を2つ持ち歩くのも大変です。
解答・解説編の答えは色が違います。試しに白黒でコピーを取ってみたら解答部分が若干薄くなってしまうので解答が分かってしまいます。
そのまま公式問題集を持ち歩くのはむりで、少しは手を入れて作り込むしかないようです。

皆さんはどうしているのでしょうか。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/302-f91b2d1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。