スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の公用語化 

シャープも英語を公用語化するようです。
シャープ英語公用化 製品サイクル短縮や世界生産拡大が背景

ただ、全社ではなく研究開発部門がメインと言うことで理解出来ます。
否応なしに社内全て英語を公用語化するのは私も一寸反対。モヤモヤした部分がありましたが、下の記事を読んで納得。
ここ日本で…ホンダ社長、英語公用語化を「バカな話」と一蹴

結局はスマートに使えれば良いわけです。英語を使うべき時は英語で話す、書くのです。日本語の方が効率が良い場合は日本語を使えば良いのです。一律英語化で歪みが出てくると思うんです。
やはり日本人なのですから・・・・
英語圏の国の支社や営業所なら英語を使うべきだし、日本ならやはり公用語は日本語にするべきです。ただし、各国の支社が集まって、もしくは通達を出す場合は英語を使うのが良いと思います。

全社員のうち9割以上が海外でもしくは海外と仕事をしているのであれば、自然に英語化させてしまうのではないでしょうか。

そんな気がします。

ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/270-c2e6dd8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。