スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cebu&Nanila2(コミュニケーション編) 

実は今日も会社はお休みです。(暫くお休みです)

セブ島のコミュニケーションは、英語で行いました。コミュニケーションには単語を口に出せば自分の要求することは主張出来ます。そして伝わります。
ブロークンな英語でも意志はある程度伝わります。嫁さんは、仕事柄英語(単語)でコミュニケーションをとることが多いので、ブロークン英語でドンドン会話します。やりたいこと、嫌なことは主張出来るようです。度胸だけでコミュニケーションを取っています。
私と言えば、頭の中で一旦考えながら、yes、well、sure、などと相づちを打ちながら次の言葉を一生懸命探します。電子辞書をお守り代わりに持って行きましが、コミュニケーションにはテンポが必要です。言葉のキャッチボールを止める辞書は、会話の途中で使うことは出来ません。

じゃあ、コミュニケーションを取るにはブロークンな英語でも構わないと言うことになります。しかし、ブロークン英語では白黒みたいなハッキリした意志を伝える事はできますが、微妙なニュアンスや詳しい内容をお互いで共有することはできません。

例えば下のサン・ペドロ要塞にタクシーに行きましたが、タクシーのドライバーは以前大阪に1年ほど行っていたと言っていました。
Cebu4

多少の事は分かりましたが、何故そこに行ったのか、何をしていたのか、どうして1年で帰って来たのか?いろいろ聞きたい事が沢山あったのですが、詳しくは聞けませんでした。

分かったこと(当たり前です)
・コミュニケーションはある程度取ることは可能。
・流暢である必要は無いが、英語を話せる方が理解が深まる。
・トイレはCR(Comfort Room)らしい、rest roomでは通じないことが多かった



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓




スポンサーサイト

コメント

こんにちは

こんにちは、ご無沙汰しています。

CWって初めて聞きました。
そう言う言い方もあるのですね。

私は、お上品な場所=bathroom、又はトイレと直接言う事が多いですが、WC(ダブリューシー)と言っていたのを聞いた事も有ります。

Re: こんにちは

toあ~ちゃんさん
> CWって初めて聞きました。
> そう言う言い方もあるのですね。
申し訳ありません。CWではなくCRでした。そうなんです。トイレは何故かきれいなところが多かったと思います。
#CRに変更しておきました。


> 私は、お上品な場所=bathroom、又はトイレと直接言う事が多いですが、WC(ダブリューシー)と言っていたのを聞いた事も有ります。

bathroomは家(プライベート)にあるトイレの事だと思っていました。上品な場所にあるものなのですね。(一寸調べてみます)
CRを忘れて、"rest room" "toilet"を言ってみました。"toilet"の方が通じたと思います。WCは"water closet"の略ですが、通じるのかは試しませんでした。

いろいろ調べてみると楽しいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/259-2a2831c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。