スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cebu&Nanila2(Cebu編) 

日記代わりに、忘れないうちにUPしておきます。

Cebuには昼過ぎのフライトでしたので、現地に到着したのは夜でした。
エアポートからホテルまでは30分程度。日本なら15分で着ける距離ですが、道路事情がよくありません。
雰囲気はきっと私が生まれる以前の日本、昭和20年から30年代辺りと行ったところでしょうか。そんな感じがします。

ホテルに到着するとフェンスを越えた向こう側は、町の中のガレキ、山羊、鶏などと比べると別世界です。あまりのギャップに、私自身が罪悪感を感じるほどです。本当にこれでよいのかと思ってしまいます。町中はお世辞にもきれいとは言えません。
小学生の私の子供達は、町並み、人の多さ(何故か現地の人は家の前の外に出ています)に戸惑っているようでした。


ただ、セブの空と海はとても綺麗です。

sebu1

cebu3



現在のセブは、韓国人の観光客が多く(日本人よりかなり多いと思います)、現地のガイドさんも「これからは韓国語を覚えなければならない」と言っていました。こういった観光客の増加も影響してか、現地のホテルやガソリンスタンド、コリアンレストランなどオーナーも韓国人と言うのも多いようです。

さて、英語に関してですが、以前ブログで話しをしたように、現地の言葉(セブはタガログ語ではナイらしい)、英語、スペイン語を話すようです。ホテルの従業員は日本語は話せないが英語は話せます。発音やクセについてはさほど感じませんでしたが、町中に出ると、一寸聞くと現地の言葉なのか、英語なのわからないような発音でした。
ホテルの従業員は、きれいな英語を話すと思います。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/258-e9bf4cce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。