スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の音読 

夏休みの自由研究で悩んでいます。
小学校は私が子供の頃と違ってあまり理科や社会が進んでいない様な気がします。自由研究でも理科ならこれくらいだと理解出来るかな?と思うのですが難しいようです。

と言うわけで、子供は夏休みの最中です。次男は毎日の音読が宿題になっています。小学校に入ると国語の教科書の音読を行います。

子供の音読を観察してみました。
最初は、たどたどしく読みます。点や丸は無視しています。読むことで精一杯。
次に単語を認識していきます。単語の意味をとることで区切りが出来るようになってきます。
そして、ストーリーを理解しながら読み出します。感情がこもってきます。
最後に、本を持ってきて読むのが面倒なので、頭にイメージした物を読み始めます。つまり暗記です。

私も英語でこのプロセスをたどろうとしていますが、中々うまくできません。何かが足りないのかもしれません。もっと子供を観察してみます。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

英語学習でも音読がよいといわれていますが,外国語の場合は,発音もちゃんとしないといけないし,意味もよく理解してイメージしながら読まないといけないのでたいへんですね。

Re: タイトルなし

to Mr.IKEMURAさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 英語学習でも音読がよいといわれていますが,外国語の場合は,発音もちゃんとしないといけないし,意味もよく理解してイメージしながら読まないといけないのでたいへんですね。

一番問題なのは発音かもしれませんね。正しく読めているかどうかは音声と照らし合わせなければならないですね。ネイティブであれば、間違っていれば直ぐ訂正されますが、外国語の場合は誰も修正できませんよね。

母国語のようにとは行きませんが、子供の語学の習得の過程は参考になると思っています。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/198-463a49f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。