スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の話し方 

明日はTOEICですね。
私は受けませんが、明日受けられる方は実力を出し切れるよう頑張ってください。

さて、先日から読んでいた本が
「國弘流英語の話しかた」

國弘流英語の話しかた國弘流英語の話しかた
(1999/12/25)
國弘 正雄

商品詳細を見る


です。

奇をてらったところがない、実にシンプルにそして音読によって英語を身につけていくプロセスと考え方が述べられています。
氏の言うところの英語を身につけるは、コミュニケーションの道具として使えるようになることです。
意味を理解できている英文を100回500回と音読することによって、身につけていくことが書いてありました。英語ができる人は、必ず何かしらの努力をしている。何もしないで(楽して)英語ができるようになった人は一人もいない。とおっしゃっています。

そして、「聞き流すだけで」とか「ある日突然理解できた」などと言うのは眉唾物だ、引っかかるな。と警告しています。只ひたすら信じて理解できている(精読が済んだ)文をひたすら読む。
そこから始まると語っています。ミラクルを来たいする英語初心者には厳しい話しだとは思いますが、これが現実だと思いますし、賛同します。
ひたすら頑張るしかないのです。

野球やテニスにしても、ルールや方法論だけ読んでいても上手にならないのと一緒です。

為になることは何でもやりなさいと言っております。

頑張ります。心が折れそうになったときに読み返してみようと思います。

とっても良い本だと思いました。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/163-d35119b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。