スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォニックスその後2 

まだまだしつこく調べています。

英語を読めるようにするための方法だと言うことがわかりました。アルファベットが読めても、英語の単語は発音できないのはアルファベットの発音と実際の単語の読みが一致しない。
これを一致させるのが、フォニックス。

本当に英語を知らない人にはかなり有効。mikeはなぜ「ミケ」ではなく「マイク」なのかも分かってしまう。ある程度英語を勉強したひとなら、経験的に知っている。もしくは、そう覚えているので気にならない。
単語を覚える場合、通常はスペル、読み、意味の3つを覚えると思うが、フォニックスで読み(発音)とスペルを覚えていれば、読みと意味を覚えるだけである程度は書けることになります。

さらに、音声だけで単語を覚えることがある程度可能になります。
音声で、読みと意味をくり返すだけでスペルを覚える必要がない(実際には例外があるので、覚えなければなりませんが)ということになります。

小学生低学年で、週1回のレッスンで2年程度でマスターできます。大人なら、毎日やれば最短10日程度でマスターできるそうです。

少し勉強方法を検討してみます。

ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/142-441c13a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。