スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構文を理解するために 


part5もPart7も構文を見失ってしまうと、全体の意味も分からなくなってしまうし、品詞の問題なんかは間違い易い。
でも、英語だと「構文」とい難しい言葉になってしまうし、構文読解系の本は見るのが嫌になるくらい難しそう。

現在、次男は小学生。
国語のドリルに誰(主語)がどうした(述語)?とという問題がありました。
こんな感じの本、ドリルって無いのだろうか。ネイティブの小学生向けの本(ドリル)でも探してみようと思います。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/138-74f25c19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。