スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻き舌じゃない 

最近つぶやいてばかりですが、また気になることが一つ。

学習していると音声ファイルを聞きます。そして、ラジオの英会話も何らかの形で聞きます。
英語って言うとRの音の巻き舌のイメージがあります。
一般の人の話す言葉を聞いても、結構巻き舌の人がいますが、学習の手本になる音声ではあまり舌は巻かない様な気がします。
舌を巻きすぎるのはあまり良くないと言うことでしょうか。ネイティブにはだらしない印象を与えるのでしょうか?
またまた、イギリス人だったら巻かないとかあるのでしょうか。
気になります。

それから、本や教材に付いている音声を話している方は結構同じ人がしゃべっているようです。聞きやすさとか標準的な発音が出来る人が少ないので同じ人を使っているのか、英語学習の業界は狭くて頼む人が決まっているのかこれも気になります。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

コメント

arbeeさん、
こんにちは!

巻き舌問題については、私も以前から少しギモンを感じていたのですが、てんま先生の話を聞いてスッキリしました。

先生いわく、「ネイティブは絶対に巻き舌なんて意識していない」と。
喉発音でRの音は出すそうです。
犬が怒った時に低い声で、「うーーーー」と唸るのを真似することで、喉発音のRが出るとのことです。

Rの音は難しい

おはようございます。

Rは巻き舌ではないのですね。

>、「うーーーー」と唸るのを真似することで、

「wooo」って感じでしょうか。ただし、wの音ではないので、口は軽く開いた感じになりそうですね。
少し調べてみます。

ありがとうございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pre2005.blog68.fc2.com/tb.php/122-d02971f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。