スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランスが大事 

例えば、デルボの単語だけを何度も覚えようとする。
一日中、毎日来る日も来る日も・・・・

すると結局飽きてきますね。

私もやったことがあります。
すると、体が知識を吸収しようとしなくなるときがあるんです。きっとこれくらいが限界です。そして、上達も感じられなくなります。(集中的に学習することも大事です)
同じ素材でも、
・音読
・リピーティング
・音読筆写
・ディクテーション
・構文解析してみる
・品詞も覚えてみる
・日本語から英語にしてみる
などいろいろあります。

こんな事を繰り返えせば、いろんな方法で単語も覚えられるし、いろんな事が身につきます。

でも、同じ素材だけでは飽きてしまうこともあると思います。
そんなときは別の素材も使えば良いと思います。
私の場合
・ET
・週刊ST
・デルボ
・公式問題集
を使っています。
集中的にではなく、1週間の中での学習に組み込んでいます。1週間の中でとかシチュエーション別とかです。
・ET→毎日(朝一番)
・週刊ST→月~金(主に電車の中)
・デルボ→毎日(単語、ディクテーション)
・公式問題集→適時(時間が空いたとき)
といった感じでやっています。

バランス良く行わないと上達しないし、上達の度合いが分からないと思います。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

スポンサーサイト

いまさらですが風邪の季節です 

インフルエンザが下火になってきたかな?と思っていたら、昨日から嫁さんが熱を出しています。先週は次男が熱を出していました。(これまたインフルエンザの判定は下りませんでしたが)
まだインフルエンザかどうかは分かりません。と言うか、検査はしたのですがインフルエンザはまだ陰性です。今はまだ寝ていますが、熱は高そうです。

と言うわけで、朝は一寸忙しいです。
ご飯の支度、長男の弁当作りなど山ほどあります。

もうすぐ3月ですが、風邪やインフルエンザに掛からないよう気をつけてください。

英語の学習はとりあえず行っています。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

音読筆写 

音読筆写をやっていますが方法はこんな感じです。

・音声を聞いて3回程度口が馴染むまで繰り替えす
・読み上げながら5回音読筆写
・もう一回スクリプトを見ずに音読
・出来なければもう一度音読筆写してみる(オプション)

音読筆写の時には出来るだけ自分のmaxのスピードで書き上げなさいと言われます。理由は、高速で書くことによって頭に焼き付ける事が可能と言うことです。
しかし、時々弊害もあります。最近分かりました。

スペルを覚えない

ことがあります。長い単語なんかはあやふやなことがあります。

ですので、時々ゆっくり書くことがあります。発音とスペルを照らし合わせて確認しながら書きます。フォニクスみたいな感じです。

やってみると結構楽しいです♪(慣れたらですが)


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

公式問題集はじめました 

公式問題集 vol.4を教材に使い始めました。

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉
(2009/08)
Educational Testing Service

商品詳細を見る


1回既に解いているので教材的な使い方です。
Part1、Part2のディクテーションはデルボのディクテーションが終わるまでは実施しません。

今やっているのは、Part3です
・スクリプトを読んで問題に答える
・分からない単語の確認。
・重要単語の確認
・解説の確認
・スクリプトの語数を数える

結構重要なのは、解説です。どの部分が決め手となるのかが分かります。
数をこなしたらコツがつかめそうです。




ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

いろんな使い方 

休み中は忙しかったです。
長男は今日から別の塾に行くことになります。通うためのバスや、準備、子供との確認に追われます。次男のケアもしないと拗ね始めます。
嫁さんの資料作りもお手伝いしました。

と言うわけで、いつもの英語勉です。
今日気になったのは、
"familiarize oneself with"
"learn"

"familiarize oneself with"が確認する的な意味を持っているとは知りませんでした。馴染む、詳しいようなイメージでしたがknow的な使いかたです。

"learn"これも「学ぶ」ではなく「知る」です。know的な使い方をしていました。

新たな喜びです。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

勉強スタイルも考えていく必要がありそうです 

昨日は打ち合わせのための電車の中で、小学校から電話がありました。
次男の担任からの電話でした。
「熱があるので迎えに来るように」
と言うことで、お迎え&病院に行ってきました。

熱が出たばかりなのできっと、インフルエンザだと思います。
今日また病院に連れて行来ます。
嫁さんは夕方から仕事ですので、仕事が終わったらすぐに帰ってくる必要があります。

インフルエンザに掛からないよう気をつけてください。

さて、長男の話ですが塾を変更します。ほぼ決定です。これからは回数も多くなるし夜も遅くなると思います。場合によっては迎えに行くこともあるかもしれません。

と言うわけで、これまでのように自由に学習時間を取れなくなってくることが予想されます。学習スタイルも変えていかなければなりません。



望むところです。隙間時間を利用するのは英語学習の得意とするところでもあります。何処でも学習が出来ます。机に座っているだけが学習ではありません。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

やり込んでいるかどうか 

昨日はPart5の話をしました。
リーディングスコアが伸びないのはPart5、6が悪すぎるからだと思います。Part7はまだ正確さとスピードは足りませんがそんなに悪くないと思っています。
相対的に悪いのがPart5、6です。
何故悪いのかを考えてみました。

やっぱり、時間のかけ方が少ないように思います。Part5の問題を解くのに解説を読み込み過ぎて時間が掛かっています。もう少し浅く、回数を多くするのも必要なのかなとも思います。

一つ言えるのが、自分にとってPart5は当たり前というか日常になっていないような気がします。それだけ接している時間が少ないのだと思います。

ではどうすれば良いのか?

最終的には、何度も読む、音読筆を繰り返していくしかありません。
問題に触れることは大事だと思います。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

Part5と公式問題集 

今日から公式問題集を持ち歩きます。
何処に行くのも一緒です。一寸重いですが・・・・

さて、最近思うのがリーディングスコアが低いことです。Part5を眺めてもどれを選んで良いのかさっぱりわからないという状況が続きます。
きっとPart5の問題を解いていないからかもしれません。
公式問題集をまずは何度も解いてみたいと思います。発見があるかもしれません。学習方法もやりながら考えていこうと思っています。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

止め時と公式問題集 

デルボを中心とした学習になっています。
デルボでの学習は、単語チェックを毎日とディクテーションと音読筆写です。
他に
・公式問題集4のリスニング
・English Trainer(ET)
・週刊ST
です。

デルボの単語もほぼ覚えております。5つくらいは時間が掛かる(1秒以上)ことがあります。ただ、単語を覚えるというこ点ではほぼ終わりつつあります。単語が当たり前になりつつあるような感じです。
単語の意味を覚えたからといって、すぐに使えるようになるわけではありません。初見のスクリプトを読んだり、リスニング(こちらの方が結構あり得る)で、知っている単語なのに意味がとれないってことありませんか?
きっと単語の組み合わせのパターンが体になじんでいないからだと思います。

ディクテーション&音読筆写、リピーティングはそのためにあると思っています。
デルボの例文は同じ単語が繰り返し出てきます。そしていろんなシチュエーションで使われている事に気づいてきました。
それに対して、対局にあるのは「DUO」。この本はなるべく多くの本を効率よく覚えるために作られているようです。例文には同じ単語はなるべく使わないようにしています。
単語を使うシチュエーションが少ないので、単語は知っていてもわからないパターンが出てきます。こういった本はさっさと覚えてサッサと卒業した方が良いのかもしれません。

デルボは繰り返しでいろんな使い方を覚える本だと思います。ですので、単語の量は多くはありません。量に限界が出てくると思います。いずれ他の教材を探さなければならなくなります。

そろそろ考える必要があると思います。デルボのディクテーション&音読筆写はTrack57まできました。
一通り終わったら、次の教材は公式問題集にしたいと思っています。とりあえずは、公式問題集3と4を使います。今度はデルボよりも時間が掛かると思います。1年か、2年かはわかりませんがこれくらいの時間は掛かると思っています。

またデルボに戻るかもしれせんが、次は公式問題集です。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

優先事項 

連休を如何お過ごしでしょうか?

毎朝の学習はつつけていますが、私は突如決定した長男の塾変更でバタバタしております。これまで、あまり気にしていませんでしたが、今の小学生、中学生の授業の量が私が子供の頃(30年以上前)に比べてかなり減っているのです。半分とまではいきませんが、おそらく6割程度でしょうか。

確かに、土曜日が休みになっただけで1割以上学習量が減っているわけですから。

と言うわけで、自分の事よりも塾の変更が最優先となってしまいました。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

意味が分からなくとも点数はとれる 

Part3こんな感じの問題がありました。

牛肉が安いのはAストア、トマトが安いのはBストア、にんじんが安いのはCストア、タマネギが安いのはDストア。

以下でCストアに行きたいと思う人はどれ
(A)今夜は豚肉肉のステキーを食べたい人
(B)サラダにトマトを買おうとしている人
(C)シジミの味噌汁を作ろうとしている人
(D)肉じゃがのにんじんを探している人

答えはDですが、
ある程度にんじんが聞き取れた人は回答の中からにんじんを選べば良いのです。門だが分からなくとも「にんじん」が聞き取れただけで正解になる可能性があるわけです。

今日の学習でもこんな事がありました。

TOEICを振り返るとこのように単語だけ追っていけば、ある程度スコアがとれたりします。内容が分からなくともです。おそらくリスニングでは200~300点は取れる可能性があります。

と考えると、高得点を目指すにはこんな事だけではいけないのです。内容を理解して選択していかなければ微妙な回答のところが答えられなくなってしまいます。
たとえば、日にちが会話の中であってそれから1週間後、みたいな会話で1週間をプラスした日付には答えられなくなってきます。

と言うわけで、精度を如何に上げていくがこれからの課題です。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

2月IIPテスト感想 

昨日はIPテストでした。

全体的には普通だったと思いますが、私には難しかったと思います。
塗り絵が3問ありました。
リスニングの方が難しかったです。
これまでは、実際のスコアと受けた感触のスコアはかなりかけ離れていました。今回は、普通な感じで冷静に判断出来ているように思います。

Part1:易
Part2:難
Part3:やや難
Part4:難
Part5:普通
Part6:普通
Part7:やや難

リスニング:280~320
リーディング:250~280
トータル:530~600

と行ったところだと思います。リスニングでこけてしまいました。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

今日はIPテスト 

今日はIPテストです。
仕事の後のテストですが、頑張ります。
600点を何とか超えたいと思っています。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

お金の流れが変わった! 

明日はIPテストです。
普段の学習は続けていますが、特にTOEIC用の学習は行っていません。現在は、ボキャビルを行って反射的に意味が浮かぶように、そして英語のままイメージが出来るようにしています。
最初は日本語訳が出てくるようになしますがやがてイメージが出来る単語も出てきます。ところが、日本語訳が出てこない事があります。これって忘れてしまったのか・・・・いやいはそんなことはないです。日本語と英語がつながらなくなっただけです。日本語を介しているときより意味を理解するスピードが上がっているのが分かります。

さて、先週の話ですが、「お金の流れが変わった!」

お金の流れが変わった! (PHP新書)お金の流れが変わった! (PHP新書)
(2010/12/16)
大前 研一

商品詳細を見る

を読みました。

この本今年の1/5に発行され、1/20には増刷されています。びっくりです。と言うわけで思わず買ってしまいました。日本の国債はなぜ売れるのか、アメリカの状況、中国の状況ななど分かりやすく書いてあります。
自分(または子供たちの)の進むべき将来を考える上で参考になるかもしれません。英語を学習する動機付けにもなるかもしれません。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

英語の学習は一人 

先日カフェにいたら、高校生、もしくは大学生らしき女の子が 「TEST英単語スピードマスター」で学習したいました。もう一人は、英語以外の別の勉強をしていました。

TOEIC TEST英単語スピードマスターTOEIC TEST英単語スピードマスター
(2004/04/10)
成重 寿

商品詳細を見る


私も「 TEST英単語スピードマスター」持っています。TOEIC学習初期のころ購入しましたが、なぜか馴染めずDB300、ウーゴと使い込みました。

単語の学習って、私が思うには一人でやる物だと思います。人に話しかけられると集中出来ないし覚えることもままなりません。会話している時間ももったいないのです。
ですので、一人が良いのです。

その女性は、多分例文を書き写しているように見えましたが音読筆写ではありませんでした。どんな学習をしているのか気になりましたが、流石に直接聞くことは出来ませんでした。

英語学習は、構文の解読以外はあまり必要ないのかもしれません。学習をどれくらいやったとか、学習の方法についてのアドバイスは勿論必要ですが・・・

皆さん一緒に学習していますか?


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

音読筆写という方法 

最近、人気上昇中のデルボ(デルボはまだ書店で見かけます。書店へ急げば入手可能だと思います)

新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990
(2009/04/10)
神崎 正哉

商品詳細を見る

のディクテーションを行っています。

時間が余ったときには、手持ちの公式問題集やETも音読筆写しています。音読筆写の対象はpart1やPart2だけでは無く、Part3やPart4のスクリプトも音読筆写します。

学習方法としてPart5の問題集を解くのも方法ですが、音読筆写しまくりも良い方法だと思います。机に向かう時は音読筆写が中心となっています。

空き時間は、リスニングとデルボを回しています。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

思わず 

TOEIC本は買わないと誓っていたのですが(やりこんでない本がたくさんありますので)、
先日思わず買ってしまいました。

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編TOEICテスト公式プラクティス リスニング編
(2011/01)
Educational Testing

商品詳細を見る


画像がないですが、緑系の表紙です。
IPテストが終わってから解いてみようと思いますが、中身を一寸だけ見た感じでは、ETSが意図しているところがよく分かる本だと思います。
そして、英語を学習する方法と意識しなければならないポイントが書いてあるような気がします。
実際やっていけばもっと違うことが分かるかもしれませんがこんな感じです。

公式問題集を使って同じ学習が出来るかもしれません。ヒントになる本です。学習方法が分からない人にも有効かもしれません。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

一寸は進歩してるのかな? 

昨日に引き続き、週刊STネタです。

ある記事を読んでいたら、
"fill in"
が出ていました。
使い方は、後任的な使い方です。英語では"replace"を使うのが普通だとおもっていました。

"fill in"は「用紙の必要事項を埋める」に使うのが一般的かと思っていたのですが、人に対しても使うんですね。きっと、「穴を埋める」的なニュアンスなのかもしれません。

"fill out"を使うかどうかはまだ調べていません。

というわけで、週刊STを読んでいて引っかかる単語、こんな使い方をするんだと思ったのがこれが初めてかもしれません。一寸進歩しているような気持ちがしてうれしいです。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

時間の配分が難しい 

週刊STを購読しています。

週刊ST 3ヶ月定期購読週刊ST 3ヶ月定期購読
(2006)
不明

商品詳細を見る


政治、芸能、スポーツなど海外の事柄をバランスよく載せてくれてるので楽しく読めています。
ですが、1部読むのに2時間30分程度掛かってしまいます。電車や休み時間などの隙間時間を利用しているのですが月曜の夕方にポストから取り出すと、読み終えるのは木曜日の夜くらいになってしまいます。

この間、日々の隙間時間を使ってしまうので音読筆写や音読の時間が減ってしまいます。全体的に学習時間が足りないのかなぁなどと思ってしまうのですが、中々時間を作るのも大変です。
英語力も上がれば、読むスピードが上がりほかの学習時間に充てることが出来そうです。まずは、英語力を上げて2時間で読めるようにしてみたいと思います。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。