スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今考えるとかなり変わっている 

朝の学習でふと気づきました。知らない単語減っていることに。

学習を始めた頃は200点だったはず。主語や動詞の並びも理解できず、単語はわからないものだらけ。8割は単語を確認しないとわからない状況。冠詞と数字、固有名詞、後は基本的な動詞くらいしかわかりませんでした。

今はわからない単語は、1割以下だと思います。

TOEICスコア200~300はまずは単語を覚えることが大事だったと思います。その次が文法。リーディングスコアが良くないのでえらそうなことはいえませんが、当時の私はとても甘い認識で単語を覚えていました。何となく覚えているではダメです。「あれ、なんだっけ?うーーーん」と悩んだ後正解した単語は知っていることにはなりません。TOEIC的に不正解です。

体が勝手に反応するまで覚えればスコアが上がるのが早かったと、今更ながら思います。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓


スポンサーサイト

聞く忍耐 

こんばんは

英語学習にはヒアリングも必要です。

CDをひたすら聞く。
時間のあるときはとにかく聞く。
MP3プレーヤーは手離さない。

が基本です。

ところが、英語初心者にはこれはかなり苦痛です。
聞いても全然分かりませんでした。
でも、聞かなければいけません。とにかく英語に耳が慣れる訓練をしなければならないからです。
今まで殆ど聞くことのなない、音を聞くのは辛いです。
頭が痛くなります。

私はその頃いろんなものを音声材料として聞いていました。
VOA、TOEIC本のパッセージなど聞いてみました。

でも、やっぱり分かりません。理解できません。雑音です。
頭痛がしてきます。

聞き始めて半年くらいは頭が痛かったと思います。
今思えば、かなり無理をしていたんだなぁと思うことがあります。TOEICのPart4やPart7のシングルパッセージのような内容の物を分からないのに(当然ですが)聞いていました。
この頃に聞くのは、日常会話や単純な英文を聞くことが大切だと思います。Part1やPart2くらいの長さの文です。日本語訳と英語が交互に流れる教材が良いと思います。

その中で、SVOなどを意識して聞くことが出来るようになるまで何度も繰り返して聞けば良いと思います。
そうすれば、必要以上に頭が痛くなることが少ないと思います。


ポイントは
普段のリスニング教材は、単純な物を何度もです。
欲張ってはいけません。


今頃気づきました。orz




ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓



初期の文法勉強 

先日の350点本ばかりでは実は、さっぱり分かりません。
平行して読み始めたのが、文法の勉強。

一番簡単そうな文法書を選んでみました。私の場合は、分かり易く解説が多いものにしてみました。薄い文法書はなぜそうなるのかが分からなかったためです。

で、選んだ本がこれです。「英文法のトリセツ」

英文法のトリセツ?英語負け組を救う丁寧な取扱説明書 じっくり基礎編英文法のトリセツ?英語負け組を救う丁寧な取扱説明書 じっくり基礎編
(2005/02/08)
阿川 イチロヲ

商品詳細を見る


一寸厚めです。そして、3冊セットです。ですが、字も大きくさほど情報量は無いはずです。
初心者には分かり易い解説本と思っていただければ良いかと思います。品詞の話しから始まり、一寸ずつ段階を踏んで問題を出しながら進んで行きますので、読み物感覚で読んでみては良いかと思います。
まだ、学習モードが身につかない初心者には良いかもしれません。



ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

TOEICテストへ初めて挑戦!まずは350点 

今日も天気がよくて、洗濯物が乾きそうと思っているarbeeです。

英語学習について何から始めれば良いか分からないのでとりあえず本屋に行きました。
TOEICは一度受けたことがあるので(スコア210点)、とりあえず今の実力を知るためにTOEICを受けてみようと言うことで、TOEIC関連の本を漁りました。
本屋に行ってみると、殆どの本が470点を目標とした本ばかりでした。

私の持っているスコアのダブルスコア以上です。

そんな中、私の目に入った志の低い本(笑)が、「CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本 (アスカカルチャー)」です。

CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本 (アスカカルチャー)CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本 (アスカカルチャー)
(2000/11)
千田 潤一安達 洋

商品詳細を見る


でもこの本、凄く良いんです。そもそも、470点なんてどうやった取れるのか全く分からない人間にも、「もしかしたら自分も、背伸びしたら350点取れるかも」という気にさせてくれる本なのです。
初級者が分からない学習のやり方も具体的に書いてあります。そして、教材がついているという感じです。
内容はスコア300点未満の方にはさっぱりと分かりませんでしたが、繰り返すうちに3割くらいは理解出来るようになりました。
まずは、書かれている通りやりました。


中学文法の勉強も平行して行いましたが3ヶ月後、350点には届きませんでしたが、300点台に押し上げてくれた本だと思います。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

一番最初にやったこと 

夜な夜なブログUPのarbeeです。

私が英語の勉強を始めたのが'07.11.14になっています。「TOEIC TEST学習ダイアリー」丸善を購入して開始しました。初日は3時間10分の学習時間でした。
当時は、
・文法の本
・TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点 アスカカルチャー出版
・中学学習英語辞典 から分からない単語を音読筆写
・VOA リスニング
からスタートしました。

途中で単語の暗記をやめ、「英語のトリ説」を3冊読みました。
12月中旬にTOEICの問題を解いてみて「奈落の底へ・・・・」との記述があります。
シャドーイングも始めています。

なんだか分かりませんが、ガムシャラに勉強してトータル196時間(3ヶ月)の学習で210点から320点に上がりました。110点のUPです。

TOEICを受けた時の感想としては、Part1は分かったPart2は50%出来たなどと言っています。Part3以降は殆ど分からず。

300点まではとりあえず英語の勉強をすれば結果が出ます。

英語の学習に尻込みしている方、まずは始めて見ましょう!
はじめはみんな初心者です。


ブログランキングに参加しております。下のバナーを「ポチっとな」お願いします。
    ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。